お問い合わせ・資料請求

実験3 500mlのペットボトルで冷たさ長持ち競争

500mlの凍ったペットボトルを3つ用意する

左はリフレクティックスを巻く。真ん中はそのまま。右は市販のアルム蒸着品を巻く。

常温での溶けるスピードを競争する

遮熱材(左)は外に冷気が逃げていないが、一般的なアルミ蒸着品(右)は外側が黄色くなっている。つまりは冷気が逃げている。

外気温30度 リフレクティックス 何もしない アルミ蒸着材
30分後 水滴がキャップに装着 1/3溶けている 上部を押すとへこむ
2時間後 少し溶けている 2/3溶けている 1/5程溶けている
4時間後 1/4溶けている 4時間5分で溶けた 1/2程溶けている
7時間後 3/4溶けている 7時間15分で溶けた
10時間後 10時間20分で溶けた

上記の写真は実験終了後6時間後(実験開始から16時間)のサーモカメラの写真です

なんと遮熱材リフレクティックスを巻いたペットボトルは冷たさが持続しています!この驚異的なリフレクティックスを住宅の壁面、屋根に装着すると・・・ワクワクしますね♪とってもエコで温熱環境の改善に期待できる効果抜群です!(^^)!