お問い合わせ・資料請求

異常気象で夏はさらに暑い?!断熱だけに頼らない、遮熱による屋内の涼しさ・暖かさのある家

異常気象の中、クーラーや暖房もあまり効かない家もあると思います(>_<)

近年の異常気象ともいえる夏の暑さから患者数が増加し、その危険性が叫ばれるようになった「熱中症」ですが、
意外なことにその多くは住宅内で発生しています。そのうち、約7割を占めるのが65歳以上!

これは、住宅の断熱性能が低く、室内が非常に暑くなることに加え、冷房を適切に使用しない、水分を摂取しない、
など熱中症対策の不足も要因ですが、住まいの断熱がしっかり行われていれば、それだけで避けられる事故といえます。断熱性能を高めることで、外の熱気を家に入れず、また冷房の効率を高めることができます。

熱中症は屋外でかかるものというイメージがありますが、住宅などの居住施設で最も多く発生しています。
年齢別では65歳以上が約7割を占め、住宅内での熱中症は、65歳以上になれば、みんな注意が必要。

夏の家での熱中症。特に高齢者は注意しましょう!

家庭内での不慮の死亡事故は、住宅内での温度差が激しい冬に起こりやすいですが、夏の暑さが原因で起きる家庭内事故も起こりやすいのが現状です。

夏の対策として「遮熱」、冬の対策として「断熱」
という言葉をよく耳にするかと思います。
遮熱することは日射を吸収しないように反射させること、
断熱することは外部から内部に伝わる熱の量を小さくすること。
つまり、内部からの熱を外に逃がさないためにも
建物をすっぽりまるごと断熱して、
冷房や暖房の熱を逃がさないように断熱する必要があり、夏の日射を吸収しないように遮熱する必要があります。

今は、遮熱を考える時期です。
開口部、屋根、外壁と、外部から強い日射とむわ~とした熱風が
ドアを開けると家の中に入ってきます。

遮熱とは、
その日射や熱い空気をシャットアウトさせる事です。
超薄型遮熱シート(リフレクティックス)を外壁の下地に張ったり、屋根裏に超薄型遮熱シート(リフレクティックス)を張ったり、色々な方法があります。
予算に合わせたやり方で遮熱を試されてはいかがでしょうか?クーラーや暖房の効きが全然違いますよ!!!

備えあれば憂いなし 今、この時期に革命的な遮熱効果を実感ください!!

リフレクティックスの主な特長

夏の暑さ対策
断熱材をはじめ、ほとんどの建材は輻射熱の反射率が低く外部の熱を吸収します。リフレクティックスは、輻射熱を反射させることにより室内の冷気を保ちます。
リフレクティックスの輻射熱反射率は99%。室内から発生する冷エネルギーを外部に逃さず室内に戻してくれます。

冬の寒さ対策
輻射熱吸収率1%のリフレクティックスは、室外の冷気に対しても同等の効果を発揮します。
室内の暖気も逃がさないので、暖かい快適な環境を保ちます。

省エネでランニングコストを削減
リフレクティックスを採用することで「夏は涼しく冬は暖かい」空間を常に保て、エアコンの稼働率も下がります。
実際に、従来の断熱材と比べて電気代が50%以上の削減につながった事例もあるほど。店舗・工場の光熱費削減に貢献します。

環境にやさしい
リフレクティックスは節電効果とともに、CO2削減にも貢献します。また、7層構造のリフレクティックスは接着剤を一切使っていません。
再利用も可能で、環境にもやさしいエコロジー製品です。

結露・カビ対策
従来の発泡系断熱材だと、多孔質と云われる「空気の微小孔」に湿気が蓄積されやすく、緩和状態になると水(結露)となります。
しかし、リフレクティックスは湿気や蒸気の貫通を防ぐため、結露が発生しません。高温多湿な環境の場合、カビ対策にも効果的です。

省設置スペース
超薄型の遮熱シート・リフレクティックスの厚さは、わずか8mm。
分厚い発泡系断熱材を使用している店舗や工場、倉庫などでは、建替えの際に壁の厚さを縮小させることができ、スペースをより広く確保することも可能です。