お問い合わせ・資料請求

HPの遮熱記事特集編集いたしました(*^^*)

遮熱材、リフレクティックスを使用して施工された多くのお客様からお礼の言葉をいただいています。

秋に会津若松市の環境フェスティバルに3回出展させていただいております。リフレクティックスを導入していただいたお客様から多く寄せられるのは、「もっと早く知りたかった」という声。その言葉を聞くたび、まだまだ私たちの情報発信は不十分なのだと痛感しています。遮熱は、これからの時代の建築に不可欠な要素といえるでしょう。今後も、この素晴らしい工法をもっと多くの方に知っていただき、皆様の快適な暮らしと労働環境をお手伝いしたいと考えております。

今年の冬は雪も少なく(ほとんど無い?!)暖冬だと言われながらも、まだまだ寒い日が続いております。
暖房を消して外出し、帰宅したときにはせっかく暖まっていたお部屋が外気温と変わらないぐらいの室温まで下がってしまっていた、、という事ってよくありませんか!?
帰宅と同時に暖房器具のスイッチを入れ、快適な室温になるまで設定温度を高くする・・・。これでは、今流行りの!?省エネとは無縁の生活スタイルです(^^;)

熱は暖かい方から冷たい方へと移動します。冬であればそれは暖かいお部屋の空気が寒い外へと移動するということ。天井から屋根裏をぬけて外へ、壁からは建材をすり抜けて外へ、床からはフローリングをぬけて地中へ・・・、熱はどんどんと冷たい方へ移動してしまいます。最も住宅の中で一番熱損失の大きいものは窓になりますが、壁全部が窓の住宅ってことはあまりありません(^_^;)だいたいの建物は天井、壁の面積に対して、窓の面積の方が小さいものです。
そこで重要なのが、天井・壁・床と外との間に熱を通さないこと、つまり熱を遮断して逃がさない対策が非常に有効です。


そこで!遮熱材リフレクティックスが大活躍!
冬暖かく、夏涼しい住宅。それを実現するには、いかに「輻射熱」を遮るかが重要なポイントです。
当社も数年前までは、“冬暖かく、夏涼しい 快適な空間”をどのようにしたらお客様にお届けできるのか、悩みのタネでした。そんなとき、出会った建材が“遮熱材リフレクティックス”でした。それまでは、何の疑いもなく一般的な断熱材を用いて施工していましたが、日本の住宅特有の“冬寒くて、夏暑い家”からは脱却できませんでした。

一般的な断熱材は基本、熱を断ちません。熱を蓄えてしまう蓄熱材でしかありません。冬はまだしも、夏においては冷房の効きを妨げるものの何物でもありません。蓄熱材だからといって冬に良い効果をもたらすというほどのものではないのです。

しかし、遮熱材リフレクティックスに出会ってからは、お客様に一年中を通して快適な住宅をお届けできるようになりました。その秘密は遮熱材リフレクティックスが誇る熱反射率99%です。冬は温められたお部屋の空気がリフレクティックスによってはね返り、夏は外からの熱をはね返します。それによって、光熱費の削減もでき、今の時代を考える地球にやさしい省エネ建材なのです。

遮熱材リフレクティックスの増える需要

室内を快適な空間にしてくれる建材。ただ、従来の一般的な断熱材の代わりに遮熱材リフレクティックスを施工するだけで、驚くほどの効果があります。
最近ではいろいろな業種に輪が広がり、住宅以外にも工場や冷凍冷蔵倉庫などでも幅広くご利用いただいております。また、温度管理が必要な宅配サービスや食品メーカーからのお問い合わせも数多くいただいております。具体的な光熱費のシミュレーションデータなどが閲覧できる詳しい資料もダウンロードできますので、是非ご覧になってみてください!ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。