お問い合わせ・資料請求

リフレクティックス 遮熱材 採用しています!

遮熱工法」は、これからの次世代エコ住宅には欠かせません!

先ほどの記事のおさらいですが、

伝導熱 → 5% (例 アイロン、鍋、フライパン、氷枕、湯たんぽ、ドライヤー)
対流熱 → 20% (例 ストーブ、エアコン)
輻射熱 → 75% (例 熱線をおびた屋根、外壁、太陽の自然な暖かさ)

になります。この75%輻射熱を反射してくれるのがリフレクティックスです。(反射率99%

輻射熱をカットする決め手は反射率!

ほとんどの建材は反射率が低く外部の熱を吸収してしまいます。したがって夏は暑く冬は寒いという結果になってしまいます。
反射率99%のリフレクティックスは、ほとんどの熱線をはね返してしまいます。更に吸収された残りの1%は、エアーキャップによる断熱層が熱の伝導を防止しますので最強の遮熱であり、断熱材といえます。(左図参照)

超高熱環境で使用する宇宙産業において、宇宙船及び宇宙服の反射絶縁材料として採用された「リフレクティックス」を当社は採用しております。

 

先見の目があるお客様へ次世代エコ住宅をお届けいたします!(*^^*)!

 web担当