お問い合わせ・資料請求

遮熱工法 次世代エコ住宅です!

これからの次世代エコ住宅には欠かせない「遮熱工法」

太陽からの熱線は光です。光は大きく分けて紫外線、可視光線、赤外線領域の電磁波です。
この赤外線が建物の屋根、外かべなどあらゆる物体に吸収され、物体の分子を揺れ動かし 衝突させて、建物の屋根、外かべが輻射熱を持ちます。
この時、電磁波は物体に反射されるか、吸収されるかのいずれかになります。
例えば、物体Aが吸収率80%、反射率20%あるとした場合、80%の輻射熱を出します。
従って、建物は反射率の高い素材を使う事により輻射熱を反射して、建物内部に影響を 及ばさない快適な空間を創り出せるという事になります。
私達が地球上で体感する熱移動の比率は

伝導熱 → 5% (例 コンロにかけたフライパン、アイロン)
対流熱 → 20% (例 ストーブ)
輻射熱 → 75% (例 熱線をおびた屋根、外壁)

になります。この75%輻射熱を反射してくれるのが当社が使用している遮熱材リフレクティックスです。(反射率99%)

ところで、遮熱の有効性を理解するために、熱の伝わり方に関する3原則にふれておきます。誰でも小学校で学んだ経験があるはずですが、熱が伝わる方法として、「伝導」「対流」「輻射」の三つがあります。
住宅内の「伝導熱5%」・「対流熱20%」・「輻射熱75%」

フライパン 「伝導」というのは、固体などの物体を通して熱が伝わるもので、コンロにかけた鍋やフライパンの把手が熱くなって来ることでわかります。
「対流」とは、暖かい空気や水が軽くなって上昇し、そこに冷たい空気(水)が流れ込んで空気の流れが出来ること。お湯が沸く時には、このような熱移動により水の温度が上がります。 対流画像
輻射 「輻射」は、空間を通過した熱エネルギーが物体に当たって、再び熱を帯びること。例えばストーブのまわりにいると、熱が伝わって体が暖まる、とうのがそれに当たります。その熱は、直接電磁波の形で伝わることになります。輻射 太陽