お問い合わせ・資料請求

遮熱実験が終わり

今回、遮熱実験を通し色々考える事がありました。

今までは、遮熱材と言う観点が無かったのでどうしても断熱材の素材の違いや性能の比較に目が行ってました。

しかし、今回の素材に出会いこうやって実験すると素材の違いやそもそも断熱材とは?と言う点についても確認する事ができました。最近、ゼロエネルギー住宅と言うのが流行り色々な考えのもとで住宅造りがされています。その一つ、断熱材では素材の性能はもちろんですがいっぱい断熱材が入っていれば省エネルギーと言うのも過剰すぎて疑問でした。200ミリ断熱や450ミリ断熱600ミリ断熱など。。。こうやって実験すると何故、断熱材を厚くしなければならないのか分かった様な気がします。
この実験や今回の遮熱認定企業となって断熱材を全否定して遮熱材のみで行こう!と思っている訳ではございません。
まずは、こういう素材がある事を知ってもらいたいのとお客様にも断熱材と言うのはどういう物かを知ってもらって家造りをしたいと思っております。遮熱材は決して安いものではございません。断熱材も遮熱材に劣るからダメではなく、素材選びと適切な施工によって寒く無い家になります。完璧を求めるのかそこそこで良いかお客様のお話合い、予算も勘案しながらデザインばかりでは無い快適な住まいの為に一緒になって造っていきたいと思っております。