お問い合わせ・資料請求

遮熱認定研修に行ってまいりました。

ご覧頂きありがとうございます。

2日間の遮熱研修に行ってまいりました。研修場所は郡山だったので車で行きました。
会場に行きまず、参加者の自己紹介。今回の研修では、8社の参加でしたが研修に合わせて代理店・認定企業による施工案件の技術会議もあり20社程おりました。まず、自己紹介でビックリしたのが参加者が遠方から来ている事。私は、近くの郡山と言う事で近さもあり参加しましたが、他の方は遠くから参加しても価値があると思って参加されている。今回は、新潟・東京・神奈川・山形かたの参加者でしたが、勉強会の参加者は遠くは沖縄・山口・愛知・静岡・山梨・岩手からと毎月との事でその熱心さも感銘を受けました。参加者は住宅関連と思いきや設計事務所や住宅会社ばかりではなく、異業種で工場をこの素材でやり高い省エネ性を実感してそこにビジネスチャンスを感じ参加されている方もおられました。

研修の内容は書ききれないので簡単に言いますと、原理から始まり断熱を遮熱の違い遮熱の良さと施工性の大切さなど。
その後、簡単な施工実施を行いその日は終了。ホテルに移動しすぐ食事。食事でも勉強会のメンバーととことん話、それは二次会の深夜まで。次の日は、様々な所で使用できる為その実例や新築・リフォームなどでの施工方法。そして、試験・・・試験は60分で80点以上が合格。選択式の他、遮熱提案計算や簡単な図面作成までありました。その間にご飯を沸騰した位で保温を遮熱材でくるみ60分。試験が終わりそのできたご飯で食事会をしました。普通に炊いたご飯と遮熱材で保温して炊いたご飯は同じお米なのに色艶の違いや香りまで違う美味しいご飯でした。被災地にも配ったと言う事で時間はかかりますが、少ない熱源で美味しいご飯が炊けるならいいですね!

試験の結果は・・・95点で見事合格する事ができました。

この研修により、興味から自信をもって勧められる商材となりました。ご興味のある方は、簡単な実証試験で感じてもらえますのでお問合せ下さい。

securedownload[1] (3) securedownload[1] (2) securedownload[2]