お問い合わせ・資料請求

自宅増築

バイパスの通り沿いに家がある為目立ち、よく進んでないねと言われます。他のお客様同様、早く仕上げたい思いは一緒ですが仕事柄他のお客様優先でお仕事させて頂いております。しかし、そんな中でも少しづつ進んでおります。 内部は増築部分の断熱まで終了致しました。 今回の断熱は、グラスウールのソフールR2.2の商材です。リフォームの場合、既存の断熱が良く無いから増築部はなんでも良いと言う訳では無く、しっかりと今の基準での断熱化が必要です。本来は、断熱改修を全体にできれば良いのですが、なかなか出来ないものです。ならば、新しい所から進めて行きましょう。

CIMG1429CIMG1424

壁下地をしてから断熱材を入れる会社が多いですが、そうすると釘や木部に当り穴があいたり隙間が出来たりしますので、先に壁下地用に木部をキガキ断熱を入れてから木下地を入れる。ご覧の通り、断熱も隙間無く絡みの木部もしっかり気密化しかも断熱材もしっかり固定できます。