お問い合わせ・資料請求

クリナップアクリアバス体感記

この度の自宅改修にて最初についたユニットバス。
今までお客様にお勧めしてきたクリナップのユニットバス。
お勧めのポイントは、何と言ってもどのグレードでも他のメーカーには無い断熱性能の高さでした。今回、自宅改修に合わせて採用し体感した感想を記載したいと思います。
新築時には別メーカーのをお勧めしておりました。その当時は、どちらかと言うと外壁から水回りまで同じメーカーで統一して何かあった時に同じメーカーだと困らないと言うのもポイントでした。

さて、初日にお風呂に入ってその違いにビックリしました。頭では分かっていたものの体験してその良さを実感しました。
①パネルの合わせ目のシーリング防水の少なさ。殆どありません。前のユニットバスもその点は気にして採用しましたが、それでもどうしようも無い所はシーリング防水となり、いづれカビ汚れが取れずストレスでした。また再防水すれば良いのですがなかなかするものではありません。気にして見ても殆ど無い。すばらしいです。
②床のグリップの良さ。前のユニットバスもいわゆるカラリ床と呼ばれる水はけの良い物でした。滑り止めでザラザラした感もありました。当時、水はけを各メーカー競ってたなかクリナップは水はけはそこそこでグリップの良さをアピールしておりましたが、体感して良さを実感しました。ザラザラ感が無く吸い付く様なグリップ感。水はけはカラッと直ぐにとはなりませんが、次の人が入る時に不快な思いはしません。
その他にも通常、壁パネルの目地は縦ですが横にして広く見せる工夫など細かい所もございます。今回は、私が体感してその良さを実感したポイントをご紹介させていただきました。何かの参考になれば幸いです。

CIMG1358