お問い合わせ・資料請求

借入れはどうしたらいい?

借入れはみなさん必要だけど面倒であったり、銀行も敷居が高く感じる方が多いです。

どうしても貸してもらうと言う感覚になってしまいます。借りるのに当然、条件はございますが基本的に借りる人が居ないと銀行は運営していけません。気持ちを大きく持った方が良いです。

とは言え、なかなか銀行のやっている時間に都合をつけるのも難しいかと思います。最近は休日ローン相談会などやってられる銀行もありますが、利率も特徴も様々でどこに融資相談したら良いのか分からないかと思います。そこで、当社がコミュニケーションサービスとして間に入って情報収集からアドバイスさせていただいております。自分が貯蓄をしている銀行が有利なんて事はありません。有利と言うか、お客様の情報が分かっているので信用度を含め分かり易いと言うだけかもしれません。私も貯蓄をしているメインバンクでは無く、その時の条件で新規で申込みました。

銀行をまわって見て思うことは、金利の最低金利はどこもほぼ一緒。ただ、その最低金利になるのに条件をつけている所とない所があります。又、お客様の状況によってもお勧めする銀行が変わってきますので、銀行に行く前に当社に相談と言うのもアリかもしれません。

詳しいお話は個々にさせて頂きますが、基本的には年収や年齢によって借りれる金額はおおよそ決まって来ると言う事。収入によって年間返済金額が決まり月々の返済限度額が決まります。限度を超えて借りるには信用性やプラスになる条件があれば可能ですが、大きくは超えられません。

例えば、月々8万円が返済能力とされた場合に車のローンが月3万あると単純に5万円の住宅ローン返済で見られます。そうなると希望の融資金額は不可能となる為に以前ですと、ローン返済後に申込みして下さいとなってました。しかし、今は車のローン残高が100万円あるとすればその100万円を含んだ形で住宅ローンを借りれできる銀行もあります。又、同様にキャッシュカードによる分割払いにしている場合なども月々の返済がローン借入れの障害になるので取りまとめできたりする事も相談できる銀行もあります。その他、注意して頂きたいのがどこにもローンをしてないから大丈夫と言う方。キャッシュカードは今はどの方も使って無くてもお持ちかと思います。この、キャッシュカードが意外な盲点になります。

例えば、利用限度額が50万のカードが4枚持ってたとします。この場合、50万×4枚=200万が何時でも使えると判断され融資可能金額からマイナスされます。意外にこのキャッシュカード利用して返済をちゃんとしていると利用枠が増えて言って利用しなくても増えている場合があります。なので、最初にローン相談された場合、その話をします。メインに利用している最低限のカードのみを残し、他は解約する。電話一本でできることです。又、メインのカードの利用限度も確認して額を減らす連絡をしてもらいます。その他、色々ありますがお話ししていく中でアドバイスさせて頂きます。

色々とお話し致しましたが、自分でなにもかもするとなるとすると大変ですし気が重くなります。私もお客様を通じて学び自分も経験しそれを伝える形で私とお客様の信頼構築の一つになればと思ってやっておりますのでお気軽にご相談いただければありがたいと思っております。